洋弓部の活動内容

1.アーチェリーとは?

アーチェリーはここ数年で知名度の上がったスポーツの一つであるといえます。2012年に行われたロンドンオリンピックでは女子の団体で銅メダル、また男子個人では古川高晴選手が銀メダルを獲得したことは記憶に新しいです。

アーチェリーを一言で表すと、「弓を使って距離の離れた的へ矢を放ち、中心からの近さを得点にして競うスポーツ」

といえます。オリンピックのように距離の離れた的を狙うターゲット、室内で行われるインドア、自然の中で行われるフィールドなど、種類も豊富なスポーツといえます。

2.アーチェリー、そして兵庫県立大洋弓部のよさとは?

アーチェリーの良さの一つは、なんと言っても矢が的の真ん中に突き刺さる爽快感!これに勝るものはないです。
もちろん、魅力はそれだけではなく、自分好みのデザインに弓をカスタマイズできることも大きな魅力です。自分の個性を出したい人は自分の好みの色だけでカスタマイズするのも可能です!また、自分好みのデザインだけでなく、自分の体力に合わせて弓を選べるので、「自分は体力がないから無理・・・」という人でも大丈夫です。

 

兵庫県立大洋弓部は、現在男子15人、女子2人で活動しています。活動日は基本的に月~金は自主練、土曜日は全員が集まって行う合同練習という形をとっています。なので、バイトや学業も大事!という人でも十分両立することができます。部員は個性的(?)なメンバーがいっぱいいて、いつも笑顔が絶えません。しかし、全体のまとまりは非常に良く、それぞれの目標に向けてお互いに高めあい練習に励んでいます。